おたふくかぜ

おたふくかぜ

おたふくかぜ

症状と原因

ムンプスウィルスというウィルスの感染によって起こります。おたふくの人と接触しても2〜3週間は症状が出ないです。
お熱が出て、ほっぺた(耳の下)、顎の下にある唾液を作る組織で炎症が起こり、腫れてきます。
押さえると痛みがあり、食事のとき(唾液の出るようなとき)にも痛くなります。

1〜2週間ほどで腫れが引いてきます。
ほっぺ、顎の下の腫れや痛みの他に症状、例えば頭痛、腹痛などが出て辛いときには合併症の可能性があるため、小児科を受診しましょう。
また発症して一か月以内に急に難聴(聞こえない、耳の詰まる感じ、耳鳴り)が出たときは、なるべく早く(数日以内に)耳鼻科を受診しましょう。

治療方針

突発性難聴は治療によって回復が期待できる可能性のある数少ない難聴のひとつですので、早期発見早期治療が大切です。
発症後約一か月で聴こえは固定してしまう場合が多いので、出来るだけ早く(出来れば発症1週間以内に)治療を開始することが重要です。

他の耳疾患がなく、聴力検査で異常を認めた場合、以下の治療をすることとなります。

1. 心身の安静

  • 日常生活は平常通りでかまいませんが、1~2週間は重労働や精神的ストレスが加わらないようにしましょう。
  • 仕事上、診断書や証明書の必要な方はご相談下さい。

2. 薬物治療

ウィルス感染症なので効くお薬はありません。
抗菌薬も必要ありません。
治療は安静にすることと、症状を和らげるためのものになります。
痛みが強いとき、熱が高いときには解熱鎮痛剤を使用しても構いません。
味の優しいもの、口当たりの良いもの(プリン、ゼリー、ヨーグルト、ポタージュスープ、冷たいお味噌汁など)を食べさせましょう。
おたふくかぜのあとはしばらく唾液が出にくくなりますので、虫歯が増えやすくなります。お口の中をきれいにするようにしましょう。

登園・登校は?

腫れが出てきた翌日から数えて5日間経過(この間は人に伝染しやすい時期です)し、6日目以降、熱がなく、元気で、食事をとれていれば、登校、登園が可能です。
その際には学校・園に登園許可証の提出が必要になります。
当院では6日目以降で受診していただき、ほかの方への感染の恐れがなくなっていると医師が判断できれば許可証を作成いたします。

一回しか予防接種を受けてない方や、近頃では子供のころにおたふくになったお父さんお母さんでも再びおたふくかぜになる方も見られます。

久米田の本院の小児科では予防接種も行っています。
お気軽にご相談ください。

診療時間

一般診療時間
午前 09:00〜11:45-
午後 16:00〜18:45---
代診 ※第3木曜・木曜午後・土曜午後・日曜・祝日は休診
  • あいばクリニックへのWEB予約
  • 予約専用ダイヤル : 050-5533-6325
  • あいばクリニック混雑予想表
  • JR阪和線 久米田駅より徒歩4分
  • 大阪府岸和田市大町441-1
  • 姉妹サイト
    岸和田あいばクリニック
Copyright © あいばクリニック All Rights Reserved.